ジャックラッセルテリア

快適に犬と暮らすには

明朗で活発なイメージの強いジャックラッセルテリアが近年急速に人気を集めています。しかし一方で独特な性質を持ち、しつけに対する悩みやトラブルも起きています。犬と快適な暮らしをする為には、飼育する前に知識を学ぶ事が大切です。

柴犬

飼い主に従順な犬

柴犬は猟犬として人に飼われていたことから、主従関係を重んじ飼い主には心を開きますが、他人には愛想が良くないこともあります。散歩では、回りの人と一定の距離を保ち犬にストレスがかからないようにしましょう。十分な運動を必要とするので、毎日30分以上散歩し、時にはドッグランで思い切り走らせるといいでしょう。

柴犬

癒しのペット

世界中で人気の柴犬は活発で愛らしい犬種です。飼い主には、心の拠り所となる強い主人となることを求めます。良いことは褒めて悪いことは叱るというメリハリをしっかりつけて、強固な主従関係を築ける人こそが飼い主に向いた性格と言えるでしょう。

ペットの病気の対処方法

動物病院

犬の「癌」の代表的な症状が、食欲の低下、明らかな体重の減少、長期的な微熱、しこりの出現などとされています。これらの症状が現れた時には、すでに体内で癌が進行しているケースも少なくありません。様子見はせずにできるだけ早期に、動物病院を受診するようにして下さい。特に「しこり」の出現は、癌が発症している可能性が非常に高いですので、触って痛がる様子がなくても、早急に動物病院で検査を行うことをお薦めします。犬の癌の「原因」は様々で、老化、紫外線、タバコの受動喫煙、ストレスなどが、主な原因とされています。特に「老化」が原因で癌が発症するケースが最も多く、これは年々犬の平均寿命が延びていることが最大の要因と考えられています。犬の癌も人間の癌同様に、早期発見であるほど治療効果は高まります。異常が見られたら早期に動物病院を受診し、健康であっても年に一回は、ペットも健康診断を受けることをお薦めします。癌の治療法は犬の場合も人と同様に、手術療法、放射線療法、薬物療法の三種類の治療法が基本となります。手術療法は外科手術によって直接悪性腫瘍を切除する治療法です。悪性腫瘍が比較的大きく、犬に手術に耐えられる体力があると判断された場合は、この手術療法が第一選択となります。犬が加齢などにより手術に耐え得る体力がない状態の場合は、薬物療法または放射線療法が選択されます。そして心臓や脳などに癌が発生している場合は、外科手術での切除は非常に困難である為、放射線療法が第一選択となることが殆どです。